Tanglewire
| Top |
少年の日の夢は、永遠に
僕は、小さい頃から宇宙開発事業が好きです。月並みな言い方だけど、夢があるよね。

僕が小学生くらいの頃は、まだ宇宙開発って少しは力が入っていたような気がするんですが、最近はどうなんでしょうねえ。報道のせいでそう感じるだけかもしれないけど、随分と冷めてしまった気がします。少なくとも、昔みたいにぼけっとニュースを眺めているだけじゃ、そういった関係の情報はめったに入ってこない。まーお金かかるから仕方ないのかなぁ。バブルだったあの頃とは違うしなぁ。

そんな冷めた宇宙開発事業とは逆に、最近僕の中で熱い食玩があります。王立科学博物館という、宇宙にまつわるフィギュアが入って300円ちょっとのシリーズ。
例によって海洋堂製のフィギュアなんですが、これがやたらと出来が良い。その上、ひとつひとつに付属している解説書が下手な専門書よりも詳しかったりして、またマニア心をくすぐります。
今店頭に出ているシリーズは第2弾で、第1弾は確か去年の初夏頃に出ていたはず。毎年夏恒例の長野合宿で売れ残りを買った記憶があるから……第1弾も出来が良くてびっくりしたっけ。
現行第2弾はその中でも更に2種類あって、『黒のフロンティア』が関東先行販売、『白のパイオニア』が関西先行販売で、つい先日それぞれの地域で後発のものが発売されました。片方に7種類+シークレット1種類で8種類、それぞれ2種がもう一方とかぶってるから、14種類か。全種類集めようとしたりすると大変だねー、こんだけ多いと。

僕はいつも、食玩を買う時に独自に設定しているルールがあります。箱買いや大人買いはせず、一日にひとつだけ買うこと。リストを見て一番欲しいものに狙いを定め、そのひとつが出たら買うのをやめること。これを守らないとホント全種類集まるまで際限なく買っちゃうからねえ。
で、今回設定した一番の目的物が、『黒のフロンティア』より『ボイジャー新宇宙探査機』、『白のパイオニア』より『月の暗黒面から出るアポロ8号』。ボイジャーは無事に手に入れることが出来たので、次はアポロ8号だなー。数ある宇宙計画の中でも、アポロ計画には強い思い入れがあるので、何としても手に入れたいところ!

しかし、落ち着いて考えてみるとさぁ、自力で宇宙まで飛んで帰ってくるなんて物凄いことじゃないですか。
もし神様がいたとして、最初はミジンコみたいなのだった生物がここまで進化して、しまいには手元にある材料を組み合わせて自分の惑星の外に出られるように(しかもきちんと戻ってこられるように)なるなんて、想像したでしょうかね。見ててびっくりしたんじゃないかな、うわマジで宇宙行っちゃったよ、みたいな感じで。
そう考えると、本当に不可能なんてない気がしてきます。今は絶対不可能に思えることでも、ひょっとしたら50年後とかには当たり前になってるかもね。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-12 13:35 | toy
<< 既視感 或る新米錬金術師の独白 >>


 
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
検索
以前の記事
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
more...
タグ
カテゴリ
pick-up today
online game
offline game
portable game
computer
music
movie and video
book and comic
toy
tanglewire legacy
continually revised
etc.
最新のトラックバック
【若気の】itariNi..
from 超音速備忘録
ゲーマータグとは?
from うすねこむ(*゚ー゚) -住..
最近のPSU
from 良品手帳
青くなっていた。
from ウスネコム(*゚ー゚) 住人..
模様替え
from ウスネコム(*゚ー゚) 住人..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧