Tanglewire
| Top |
<   2004年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
蚯蚓BC、再び
やー、なんか軽くお久し振りな感じです。
これはあまり大きな声では言えないんですけどね、会社に勤めながらフリーでも何件か仕事を請け負ってるんですよ。先週末と昨日の月曜日はそれでちょっと忙しかったッス。
とはいいつつもしっかりFFはやったんで、まぁスケジュール管理の問題ですな。

土曜日は、先日行った40BCNMミミズに味をしめた連中が、再びスターオーブを手に集まりました。
……と書くと簡単に聞こえるけどねぇ。この企画が立ってから改めてモグ金庫を覗いてみたら、獣人印章が33ヶしかなくって。ゼロたんも36ヶしかないから直前に楽な相手倒して稼ぐーとか言ってたんだけど、これが結構出ないんだわ。普段ぼろぼろ出る(気がする)アイテムも、欲しい時には出ないもんですねー。
レベル1だったシーフでサルタバルタをうろうろし始めたのが夕方5時、それから約束の21時ギリギリまで楽〜丁度を狩って上がったレベルが6! 集まった印章が6ヶ! ひとつたりないので、現地近くのグスタベルグでケントスくんに手伝ってもらいながら最後の1ヶを入手したんですが……よく考えたら、現地近くで狩ったって印章をオーブに換えにジュノへ戻らなきゃいけないんだよね。急いでデジョン→交換→飛空艇でバストゥーク。ゼロたんも無事に印章が揃った様子で、ちゃんと全員で開始できましたとさ。ちょっと遅刻してゴメンよ。
今回の参加者はヒヨ、わたるん、ファイズたん、ミスリ、僕、ゆっくん、ケントスくん、モモちん、ゼロたん(オーブ消費順)。アイテムにもハズレらしいハズレはなく(ミスリがハズレとか言ってたけど、それでも20万ちょっとの稼ぎ)、誰も死なず、最短記録も短縮して、有意義なBCでした。皆慣れたもんだわ。

日曜日は、夜7時に約束して固定パーティの皆さんとまったりサポ上げ。戦士は32になりました……これでメイン65まで安泰だわ。彼らとは、火曜日にメイン上げをする約束をして別れました。今夜ですな。
で、夜7時まで何してたんだっけな。今思い出そうとしてるんだけど、ちょっと思い出せず。補給クエストだっけかなぁ……うーん。

月曜日。仕事は定時に終わり、昼休みに買ったマスターズガイドシリーズを読みながら帰宅。これ便利ねぇ……。結局ギルド・ワールド・ジョブ全部買っちゃいました。FF11のサイト検索して見れば情報は手に入るんだけど、こういうデータ本って好きなんスよね僕。寝る前にごろんと寝ころんで読んだりしてると楽しい。
帰宅後は武器スキル上げへ。行った場所はいつものエルディーム古墳です。上げたのは片手棍で、いくつくらいだっけな。110くらいになったのかな。
その他に、ゼフィスとファイズたんとワルと4人でスタースピネル取りにも行きましたなー。ファイズたんの分を取って、僕の分もお願いしたかったんだけど、ライバルが来ちゃったのとファイズたんが眠そうだったのとで帰りました。また今度でーっていう話に。約束バッジが欲しくってさー、あれ良いよね。

さてさて、そして今日火曜日は、前途の通り固定パーティでレベル上げですよ。ナイトは@2000程度でレベル61……あぁ、これが上がったらNext30000ゾーン突入ですよ。未知の領域だなぁ……ダレずにやっていけるかしら。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-31 12:09 | online game
まだ見ぬ世界に思いを馳せて
先日の闇の王戦で無事にランク6になった僕は、以前欲しいなぁと思ってその後すっかり忘れていた「共和国軍マント」を引き換えにバストゥークへ向かいました。昨日のことです。
ところが、改めて他国のコンクェスト品を引き換えようとすると、これ高いなオイ! ランク6のものが32000pts.って何すか。今現在の手持ちは15000pts.と少し……くそう、こんなことだったら遊びで魔戦士外套とか引き換えなきゃよかった。
ということで、共和国軍マントはおあずけをくらいました。しばらくビークマント+1で頑張ろう。

でまあ、そんな寂しい戦績ポイントを少しでも潤そうと、僕は補給クエストの旅に出たのでした。アウトポストテレポも使えるようになりたかったしねぇ。
で、4ヶ所(サルタバルタ、リ・テロア、バルドニア、クフィム)巡って昨日は落ちました。めんどくさいね、ヴァナ1日につき1ヶ所っていうのはさ。ウィンダスはうちのサーバーでは現在1位なんですが、その割にはあとヴォルボー行けばそれで全部です。
来週はエルシモとかクゾッツが支配下になるといいなあ。

でまあ、活動報告は上記のような感じですが。
今回の本題はむしろこっちです。出ましたねー、プロマシアの新情報

細部のレビューなんかは有名サイトさんや各雑誌にまかせて、ここでは装備の話をしたいと思います。
いやね、僕はレベル上げするにもお金稼ぎするにもレアアイテム狙うにも、気に入ったグラフィックの装備がないと気合いが入らないタチなんですよ。こういうひとって多いんじゃないかなあ。
そんな僕は、プロマシアで追加になる新しい装備の発表はまだかまだかと手ぐすね引いて待ちかまえていたワケですよ。そこで今回の発表。

追加になることが判明したのは、昔のアラブの金持ちが着ていそうなシャイル装束。三国志に出てくる鎧みたいなバローネ装束。ちょっとネイティブ・アメリカンっぽい、暖かそうな布と革でできたバイソン装束。まるでタトゥーみたいな模様が入った、民族感溢れる装飾がかっこいいイギラ装束の4種類。同じものをタルタルとガルカが着ていることから、種族縛りはなさそうです。けど当然ジョブ縛りはあるんだろうなー。
武器はナギナタトゲトゲしい鎌斧のような武器、の3種類の画像が出てます。片手剣と片手棍が見たかったなぁ。
どれもテクスチャが細かく、意匠の凝らされた装飾が施されていて、PC版でプレイしているひとはそのあたりも堪能できるでしょうねー。僕ぁPS2だからさ……。

きっとこの他にも、既存の装備のテクスチャ違いとかもあるでしょうし、今回の追加ディスクと大型パッチで装備面の楽しみはだいぶ増える感じですねー!
さて、まだ見ぬ新しい装備のために、レベルでも上げておくかなー。時間は相変わらず少ないけれど、何とかプロマシア発売までに65になりたいな。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-27 11:55 | online game
クラブ・ミュージックは地下で育つ
あんまり親しくないひとと話す時は、まず最初に趣味の話題なんかが出ることが多いです。お互い相手の素性があんまりわかんないものだから、どうにかして話のとっかかりを得ようとするんでしょうね。
僕は逆に、親しい身の回りのひとに、たまに「あんまり親しくないひとに趣味は何かって聞かれたらなんて答える?」と聞いたりします。これが結構面白くて、僕は彼あるいは彼女のことをよく知っていて趣味も把握しているのに、本人は別のことについて話したりするのね。趣味が美術館巡り? お前ゲーセン巡りの方が好きじゃねーか、みたいな。
あれは何だろうね……ちょっとひとには言いづらいのかね、本当に熱中してやっていることって。あるいはそのひとがゲーセン巡りに引け目を感じていたり?

↑の例はあくまで例です、念のため。本当にこういう友人がいるわけじゃないよ。

さてと。
僕が趣味は何かって聞かれたら、こう答えるでしょう。パソコン(Macintosh)、ネットゲーム(FFXI)、コーヒーと読書、それから音楽。完全なインドア派ってやつです。ダーツはまだ趣味と呼べる程じゃないや。
中でも音楽は中毒に近く、ちょっと前までは家に帰ると何より先にまずオーディオの電源を入れていたくらい。最近は手持ちのCDも全部HDDに入れちゃったから、家に帰ってまずつけるのはパソコンになったけど、真っ先に音楽を聴くという姿勢は一緒です。一日で音楽聴いていないのは入浴中・睡眠中・移動中だけ……ポータブルMDが壊れちゃってから移動中に音楽聴けなくなって寂しい。

僕が普段聴いてるのは、主にクラブ・ミュージックと呼ばれる部類に属する音楽です。これがさぁ、ちょっと聞いてくれよ!
僕が中学くらいの頃、僕には「こういう音楽を聴きたい」という明確なビジョンがあったわけです。それは皆が楽しそうに聞いているジャパニーズ・ポップスでもなく、パンク・ロックでもメロ・コアでもなく(うちの中学ではかなり流行っていた)、四つ打ちのキックが入ったダンス・ミュージックでした。でも、周囲のひとは誰もそんなの聞いてないし、親だってそんなの知らないから、情報源が全くない。苦し紛れにラジオをつけてみても、流れてくるのはポップスばかり。
で、僕も実際にそういうダンス・ミュージックを聴いたことがあって聴きたがってたわけじゃないから、ひょっとしてそういう音楽はこの世に存在しないのかなぁ、なんて思ってました。今になると笑い話だけど、当時はマジメに「じゃあ僕が作らないと」って思ったりもした。
そんな中で、親の持っていたレコードやCDの中から少しでもフィールするものを拾って聴いていたわけだけど(マイケル・ジャクソンとか割と好きでした)、だんだんとCD屋にもダンス・ミュージックが置かれるようになって。今みたいにネットに情報が転がってるわけでもないので、もう手当たり次第ジャケ買いですよ。
嗜好はまずテクノ方面へ流れ、次にユーロ・ビートやディスコサウンドをかじり、海外のトランスのコンピレーションを漁っては一喜一憂し……とやっていた頃。「ハウス」と呼ばれる音楽のジャンルの存在を知りました。
そしてそして、こういった音楽はどうやらクラブってとこで開拓されてきたらしい、ということを知り、漠然とした憧れというか、興味を抱くことになります。さすがに中学生じゃクラブへ行こうという気すら起きず、ただ憧れるだけでしたが……それでもそういった世界が確実に存在する、自分と同じような音楽的嗜好を持ったひとたちがいるんだとわかった時はホンット嬉しかったです。

そういったいきさつもあり、僕はハウス・ミュージックに特別な思い入れを抱いているわけですよ。その後クラブに入り浸ったり、安く売っていたターンテーブルを購入したりして今に至ります。クラブ・ミュージックは今はもうメイン・カルチャーと言っても過言ではないくらいですが、それは地下でずっとこの音楽を暖めてきた先達の努力あってこそ。僕は常に新しい分野を切り開いてゆくひとたちを尊敬してやみません。音楽然り、デザイン然り。

ごめん何言いたかったかわかんなくなってきたーアハハー。
最近はもうクラブに行く時間もあんましないので(FFやってるからだ)流行りとかわかんないんですが、僕は流行り廃り関係なくディープハウス系が好きです。最近ろくにレコード屋も行けないから、そこらへん詳しいひとが友達に欲しいなぁ。情報教えてもらいたい。

友達作るには、まず「趣味は何ですか?」って聞かないとね。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-24 20:01 | music
ウィークエンド・ファンタジー
いやー今日は涼しいね!
8月も下旬に入り、気が狂うような暑さも鳴りを潜めてきたかな。このまんま秋へ突入するのは嬉しくもあり、寂しくもありって感じです。今年の夏は海にもお祭りにも行けなかったなー。

さて。
先週はおっそろしく忙しかったので、週末はのんびり羽を伸ばしました。といっても、やってることといえば家事とFFくらいなんだけどねー。

まず土曜日は、夜8時から獣人印章40BCへ行ってきました。LSから10人ちょい参加。修正されてから難しくなったと噂のミミズBCで、僕は先日の50BC羊に引き続きナイトでの参加。
白とナイトどっちで参加するかは直前まで迷ってました。あらゆる面で白の立ち回りの方が自信あるんだけど、「BCでは空蝉盾が機能しないから忍者盾は無理」「LSの筆頭ナイトであるゼフィスがログインしていない」「白魔道士はヒヨ・ファイズたんのふたりがいて数的に足りている」「僕がナイトのプレイヤー・スキルを上げたがっている」等の理由からナイトでの参戦へ。緊張します。
まー結果から言っちゃうと、1回目の楽勝に気を緩めた僕が2回目に事故死した以外は、かなーり楽々全員分勝てました。おまけにアイテムも良いモノが結構出てね、皆良い稼ぎになった様子ですよ。先日の羊とは偉い違いだ。
楽しかったし美味しかったし、またやろうぜーッと皆で盛り上がったまま終了しました。LSメッセージ見ると、今週末またやるとか……マジですか!? ハエエよ!

日曜日はチョホノの戦士のレベル上げ。FFはサポートジョブ上げがかったるいですねぇ……ナイトに挑発さえつけばサポ白でやれんのに……ぶつぶつ。
弓術スキル上げをしながら希望を出し、誘われたのは一時間後。さっくり準備をして狩り場であるアルテパ砂漠へ移動し、リズム良く狩ってレベル31に。全員レベルが上がったくらいでパーティは終了。
このあたりのレベル帯は、一回組めばひとつ上がる感じで良いですねぇ。バランスが良い。βテストは割と良いバランスだったって聞くけれど、レベルが30までしかなかったからなんじゃないかなあ……。

日曜日の深夜、日付が変わってコンクェストの集計が終わると、いつものように護衛クエストをやろうという話になりました。なんかね、ファイズたんがパーティ組んだはいいけれど、残り1300ちょっとってところで解散になっちゃったからって。ほんじゃミラテテ様言行録で上げようぜーィと僕らが言うと、ファイズたんも願ってもない様子。
いやまあ実は、ファイズたんは白AF胴が次のレベルで、僕はそれが見たかっただけなんだけども。ニヤニヤ。
でまあ、皆してサンドリアの護衛クエストを受け、エルディーム古墳へ。もう慣れたもんで、危なっかしいところもなく、すんなりとクリアし報酬を受け取りにサンドリアへ。
これで取得経験値700とかだったらヘコむなあ、なんて笑いながら話してたんだけど、そんなこともなく無事にファイズたんのレベルは上がりました。いやー、白AF似合うよねぇタルタルは。カワイー。

そんな感じで、割とまったりとした週末FFでしたとさ。
今週は先週よりも仕事が楽だと思うから、ひょっとしたら平日にレベル上げができるかもなー! 頑張ろう。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-23 11:54 | online game
とある作品に踊らされた話
友人の家で「踊る大捜査線」の話を聞いたのは……もう何年も前の事。

b0008658_1982668.jpg「お金がない!」のスタッフが、火曜に刑事物をやるらしいんだけど、結構面白そうだよ、と彼は僕に言いました。僕は彼の、こういう新しいモノに反応するアンテナを大体において信用していて(彼が面白いって言うと大体流行する)、んじゃあ今回は見てみようかい、と第1回の放映からビデオに録りつつ熱心に見ていた訳です。
脇役に至るまで個性的なキャラクター達、新しい街・臨海副都心を効果的に使った舞台設定など、引き込ませる要素は多分にありました。また、色々な作品へのオマージュも随所に仕込まれていて、そういうところもマニア心を刺激して。世間も大興奮のうちに最終回を迎えたテレビドラマとして記憶に残っています。

大ヒットドラマの常として、放映終了後にスペシャルが制作される、というのがありますが、「踊る〜」もこの例に漏れず、スペシャルがみっつも制作され、揚げ句の果てには映画化までされました。
そして、その映画化から5年後。去年になりますが、今度は映画第2弾が公開された訳です。何だかんだいって続編を心待ちにしていたファン達は、こぞって映画館へつめかけました。僕も、前途の友人もその中のひとり。
映画の内容は……んーそうねぇ。僕も彼も、見終わった後に少し首をかしげながら話をしました。あすこはどうだった、ここはどういう意味だ、このシーンや演出は蛇足じゃないか、みたいな。早い話が映画としての出来にはあんまり満足はしなかったんだけれど、純粋な「踊る〜」の新作が観られたってことでひとまず満足しました。

その映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」ですが、最近になってVHS/DVD化して店頭に並んでおります。いつ発売だっけかな。先月末だっけ?

んで。
b0008658_16472654.jpg先日、何か映画観たいなぁ〜と漠然と思いながらTSUTAYAを覗いた時に、この映画の海外逆輸入版「BAYSIDE SHAKEDOWN 2」があったので、日本版との内容の違いも気になるし、久々にもう一度観てみたい、ということで借りてまいりました。
結論から先に言っちゃうとですな、こいつは日本の「踊る〜」ファンが観てもあまり面白くないです。追加シーンがあるっていうから期待していたんだけど微々たるものだし、海外版用の調整は初見のひとにわかりやすいように前作までと繋がるシーンをカットしただけ。普通の環境で観る分にはスカイウォーカー・サウンドのリマスターもたいした違いはないし、もしこれから借りて観るというひとがいたら通常版をおすすめします。
日本映画の頭にTHXのロゴが出るのはちょっと新鮮だったけどねぇ。もし相当良いオーディオ環境があるひとなら、こっちもそれなりに楽しめるのかなー。

でまぁ、普通に観て、新作だったから翌日にはTSUTAYAに返した訳だけれども。
今度はテレビ・シリーズが観たくなっちゃって、今日あたり借りて帰ろうかなーと思ってます。昔録ってたビデオは引っ越しの時に処分してしまったので、今観たかったら借りるしかないんですよね。
やっぱりねえ、「踊る〜」はテレビ・シリーズが面白いよ! 保坂尚輝カッコイイしな。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-20 16:34 | movie and video
海を渡ろう
FFは何かと時間のかかるゲームでして。ちょっと仕事が忙しくなっちゃうと、とたんに何もできなくなっちゃいます。ログインはしたけどチャットだけして終わり、とかね。
「そんな時は合成がイイ」って先日ここで言ったかと思うんですが、それにしても資金がないとちょっとキツい。かといって合成材料を自己調達するには、サポートジョブにシーフをつけないと結局は時間ばっかりかかっちゃうし、僕はシーフを育ててない。ということでこれもバツ。
でやっぱりトリコになっちゃうんですね。ビバ・低レベル、ビバ・ソロ。

海を渡ろう。そう思い立ったのは、前回ここに書いた時だから……月曜ですね。
タロンギを抜けてブブリムへ。レベル14のトリコから見て、このあたりの敵はつよ〜とてとてですが、ブブリムを敵にみつからないように抜けるなんて慣れたものです。昔はソロばっかだったし、このあたりはひとりで何度も往復したしなー。
んで、危なげなくマウラに到着。船の到着を待って乗り込み、いざセルビナへ! 船上では蟹が湧いたら倒してやろうと思って甲板で待ちかまえていたんですが、シーモンクとファントムしか出ずヒヤヒヤ。船でヒヤヒヤするのも久々だなぁ。
これで海賊とか出たら笑っちゃうなぁとか思いながら、曇り空を見上げていた訳ですが。流石にそこまでひどくはなくて、何とか船はセルビナに入港しました。
バルクルムはブブリムよりも見通しがいいし、敵もまばらなので隠密行動も楽ですね。難なくラテーヌに到着し、ログアウトまでの短い時間をその辺のオークやキノコと戯れて過ごしました。

いやー、このレベル帯はキノコが美味しいねー。闇のクリスタルもキノコ類も高く売れるし。白魔道士で戦うにはサイレスガスだけ怖いですが、丁度くらいまでの強さだったら、戦闘の途中で沈黙になっても何とかなるしね。
もうちょいでレベル15です。15になったらバルクルムで本格的にパーティ参加開始だなぁ〜……そうしたらまた時間のかかるレベリングになっちゃうわ。早く楽になれ、仕事。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-18 16:01 | online game
地下迷宮は蜜の味
先週の平日は鬼のように忙しく、せっかく誘ってもらった半固定パーティに参加できなかったりもしたんですが(皆ごめーん)、週末はゆったりと時間が取れました。
ただ、前途の半固定パーティの皆は忙しかったらしく、この週末にはお声はかからなかったんですけどね。かといってサポ上げの気分でもなく……ということで、チョホノはお休みして、ずっとトリコの育成を。

b0008658_119323.jpg新調したブラスハンマーでタロンギの敵をぼこぼこ叩いていると、PTのお誘い。快諾して合流してみると、ちょんまげタルタルの黒魔道士さんでした。どうも最近FFを始めたようで、まだ少し慣れないところがあったようだけど、まったりとひと集めをしつつ弱めの敵を倒していきました。
しばらくしてエルヴァーンの戦士さんが合流したんだけど、このひとがなんか独特のノリというか……FFってなんか、パーティを組むと最初ピリピリした空気があると思うんですが、それがこのひとには全くなくて。聞くと以前はPSOをやっていて、最近FFを始めたと。成る程、道理で肩の力が抜けているわけだ。関西弁で明るくて、その後もパーティのムード・メーカーでした。
その後合流したタルタルの白魔道士さんは酒飲んで酔っぱらってるし、ガルカの獣使いさんはネタマクロ使いだし、なんだか物凄いテンションのパーティが出来上がり(最後に参加してくれたミスラの狩人さんはマトモでした)、盛り上がってシャクラミ行こうぜーという話になって皆でシャクラミへ。
シャクラミのミミズはこのレベル帯の定番ですが、僕はほんっと久々で。改めて美味いなーと思いました。今回のパーティは黒魔道士さんと戦士さんが初心者だったんだけど、パーティプレイの美味しさをこれで知っちゃっただろうな……これからは今までよりも積極的にリーダーするに違いない。ふふふ。
楽しく狩って、数人のレベルが上がったところで解散となりました。美味かったのも嬉しかったけど、会話が楽しかったのが何より良いパーティだった! あと、個人的に大好きな「全種族パーティ」だったのもポイント高いです。絵的に凄いカッコイイんだよね、全種族いると。

週末でトリコはレベル14になり、15も目前といったかんじ。そろそろサポートジョブ取得だなー……近いうちに海渡ってみるか。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-16 15:56 | online game
既視感
うーん、最近仕事が忙しくて、ろくにFFできません。
昨日は帰宅したのが11時半とか。風呂入って雑用して12時過ぎ。なんもできねーっつうの。もう寝る時間だよー。

こんな時は低レベルソロが一番。しかも装備などを準備する必要がない別キャラがいい。
というわけで、今までにも暇を見つけてちまちま育てていたトリコで遊びました。タングルワイアーの古参の方(ってまだ残ってるのかしらん)には周知の事実ですが、トリコといえば僕のファーストキャラで、長いことFFから離れていた時期に保存期間が過ぎて消えてしまったキャラクター。同じ名前、同じフェイスで復活して、前と同じ白魔道士で育成中です。
昨日はレベル12まであと経験値1200って感じだったので、「これだけ上げちゃって寝よう」と思い、ひたすらタロンギで楽〜丁度の根っことウサギを叩いてました。特に危ない場面もなく、面白い出来事もなく、無難に12に上がったのは時計が2時を指した頃。
事前に買っておいたブラスハンマーを装備して、試し殴りをしてから就寝しました。いやー懐かしいなあブラスハンマー。品薄で、バストゥークまで買いに行ったっけな。

トリコをどこまで育成するかは謎ですが、一応定めた目標は「白を30まで上げて召喚士を取得する」と「ソロ召喚獣戦クエストで可能な全ての召喚獣と契約する」のふたつ。ちょっとやってみたいんだよねー召喚士。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-13 16:40 | online game
少年の日の夢は、永遠に
僕は、小さい頃から宇宙開発事業が好きです。月並みな言い方だけど、夢があるよね。

僕が小学生くらいの頃は、まだ宇宙開発って少しは力が入っていたような気がするんですが、最近はどうなんでしょうねえ。報道のせいでそう感じるだけかもしれないけど、随分と冷めてしまった気がします。少なくとも、昔みたいにぼけっとニュースを眺めているだけじゃ、そういった関係の情報はめったに入ってこない。まーお金かかるから仕方ないのかなぁ。バブルだったあの頃とは違うしなぁ。

そんな冷めた宇宙開発事業とは逆に、最近僕の中で熱い食玩があります。王立科学博物館という、宇宙にまつわるフィギュアが入って300円ちょっとのシリーズ。
例によって海洋堂製のフィギュアなんですが、これがやたらと出来が良い。その上、ひとつひとつに付属している解説書が下手な専門書よりも詳しかったりして、またマニア心をくすぐります。
今店頭に出ているシリーズは第2弾で、第1弾は確か去年の初夏頃に出ていたはず。毎年夏恒例の長野合宿で売れ残りを買った記憶があるから……第1弾も出来が良くてびっくりしたっけ。
現行第2弾はその中でも更に2種類あって、『黒のフロンティア』が関東先行販売、『白のパイオニア』が関西先行販売で、つい先日それぞれの地域で後発のものが発売されました。片方に7種類+シークレット1種類で8種類、それぞれ2種がもう一方とかぶってるから、14種類か。全種類集めようとしたりすると大変だねー、こんだけ多いと。

僕はいつも、食玩を買う時に独自に設定しているルールがあります。箱買いや大人買いはせず、一日にひとつだけ買うこと。リストを見て一番欲しいものに狙いを定め、そのひとつが出たら買うのをやめること。これを守らないとホント全種類集まるまで際限なく買っちゃうからねえ。
で、今回設定した一番の目的物が、『黒のフロンティア』より『ボイジャー新宇宙探査機』、『白のパイオニア』より『月の暗黒面から出るアポロ8号』。ボイジャーは無事に手に入れることが出来たので、次はアポロ8号だなー。数ある宇宙計画の中でも、アポロ計画には強い思い入れがあるので、何としても手に入れたいところ!

しかし、落ち着いて考えてみるとさぁ、自力で宇宙まで飛んで帰ってくるなんて物凄いことじゃないですか。
もし神様がいたとして、最初はミジンコみたいなのだった生物がここまで進化して、しまいには手元にある材料を組み合わせて自分の惑星の外に出られるように(しかもきちんと戻ってこられるように)なるなんて、想像したでしょうかね。見ててびっくりしたんじゃないかな、うわマジで宇宙行っちゃったよ、みたいな感じで。
そう考えると、本当に不可能なんてない気がしてきます。今は絶対不可能に思えることでも、ひょっとしたら50年後とかには当たり前になってるかもね。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-12 13:35 | toy
或る新米錬金術師の独白
ブログ開設から4日目ですな。いやいや、文章を書くの久々だから楽しいわぁ。ネタもぼちぼちあるし、しばらくはちょくちょく書き込めそうです。
それでは本日の話題。

先日、ちらっと「最近錬金術スキルを上げている」と書いたけど、昨日のFFも錬金術スキル上げに終始しました。平日家に帰ってからだと、時間的になかなかレベル上げパーティに入りづらいからね。その点、合成スキルならひとりできままに上げられるから良いです。
インターネットで拾ってきたスキルテーブルとにらめっこして、何を作りながらスキルを上げようか……と考える。この時間も純粋に楽しいねー、職人気分で。もちろん『どれが一番赤字が少ないか』というのがレシピを選ぶ一番のポイントなんですが、赤字を抑えるためには『素材は買わずに自分で取ってくる』のが一番な訳で。近場で採れそうなものならテクテクでかけていって狩ってきます。こういうのも楽しみのひとつですよね。

自己調達。
b0008658_1502563.jpg最近だと、雷のクリスタルと水銀が必要になったのでデルクフの塔にでかけていって雷エレ・ゴーレム・ポットを狩ったりだとか、蜂蜜が必要になったのでロランベリーにでかけていって蜂を狩ったりだとか、そんな感じ。前衛ジョブを高いレベルまで育てたことがなかったので、適当に弱い敵と戦って適当にウェポンスキル撃ってるだけでも楽しいのです。ヒャッホーイ。
デルクフでは、湧き待ちの間にギガースのNMを叩いて大リンクを作っちゃったりもしました。周囲にひとがいなくてよかったわぁ、恥ずかしい。

まぁ、そんなこんなで。
序盤から毒素→水銀と作ってスキルを上げたんですが、それを全て倉庫に取っておいてあったので、昨日はそれらを水クリで混ぜ、毒薬を作成。こいつでスキル18まで上げました。すぐさまバストゥークの錬金術ギルドへ出向いて見習い卒業、徒弟へ。
あー楽しいなぁ合成! LSオフ会でチルたんにハッパかけられたりもしたし、このままずんずん上げちゃうぜえー。LSの錬金術師といえばチョホノ、くらいになるッ!
[PR]
by tanglewire | 2004-08-11 14:54 | online game


 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
以前の記事
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
more...
タグ
カテゴリ
pick-up today
online game
offline game
portable game
computer
music
movie and video
book and comic
toy
tanglewire legacy
continually revised
etc.
最新のトラックバック
【若気の】itariNi..
from 超音速備忘録
ゲーマータグとは?
from うすねこむ(*゚ー゚) -住..
最近のPSU
from 良品手帳
青くなっていた。
from ウスネコム(*゚ー゚) 住人..
模様替え
from ウスネコム(*゚ー゚) 住人..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧