Tanglewire
| Top |
カテゴリ:music( 18 )
THE STAR ONIONS
皆さんもう聴きましたかー?
FF11アレンジ・アルバム「THE STAR ONIONS」。

僕は、こういうアルバムがとても好きです。
よーく知っている曲が、アレンジによって姿を変えて、違った魅力を見せてくれる。
かなーり昔になるけど、FF4のアレンジ・アルバムがありまして。
これ大好きで、クリスマスにもらったCDラジカセでずーっとかけてたなあ。

あったあった、これだ。
アフィリエイトじゃないので安心して踏んで下さいな。
そして機会があったら聴いてみて。すごい綺麗だから。

えーと、それでですな。
FF11のアレンジ・アルバムが出るよー! という話を聞いてから
僕はずっと楽しみにしていたワケです。
でも、発売日がいつかちゃんとアタマにはいっていなくて
今日「やべ、もう出てるじゃん」と気付き、慌てて買いに行こうとしたんですよ。

more...
[PR]
by tanglewire | 2005-08-29 17:12 | music
Let me hit you with the 流星 sound
m-floのnewアルバムが出ましたよー。準備はいいかー!

b0008658_14225381.jpg何というか、多くの説明を必要としないアルバムですねー。
☆Taku本人もどっかで言ってたけど、
「m-floの原点を意識したアルバム」って感じです。
前作「ASTROMANTIC」が割とJazzyだったと思うんですが、
今回はちょっとフロアー寄りかな? そうでもないか。
でもm-floのHouseは久々に聴いた気がするよ。
BENNIE KとかMonday満ちるとか、僕の好きなアーティストと
コラボしてくれたのも嬉しい限り。

そして、一番嬉しいのがM-16「TRIPOD BABY」。
いつかは絶対やってくれると信じていたm-flo loves LISA
もうこの名前聞いただけで、ファンならちょっと泣けるよね。しかも2step。ヤベー。

tripodというのは三脚の意。m-floのメジャーデビューマキシ「the tripod e.p.」を思い出す。
'97年だよなー。あれから8年経ったなんて、何だか信じられないや。
彼らがまた三脚としてひとつになってくれないかしら。
あり得ないだろうけど、デビュー当初からのファンとしてはやっぱり期待しちゃいますね。

あと、スキットの中でスター・ウォーズの単位「パーセク」を使ってて萌えた。
[PR]
by tanglewire | 2005-08-26 14:31 | music
全部揃えたら幾らになるのやら
Numarkより。
iDJ Mixing Console for iPod(※英語)

b0008658_14545297.jpg何と、iPodを2台ガスッと差し込んで、DJができちゃう
周辺機器が登場!
やべースゲー楽しそう。てか楽そう。
何といっても、膨大な量の曲が入るiPodですからねー。
暗い中でレコードやCDをバタバタ探さなくていいっていうのは
ものすごい良いよね。

と思ったら。
写真をよく見たら、これピチコンついてないじゃんよ!
何だよー、話がウマすぎると思ったんだ。オモチャですなー。
まーでも、プライベートなパーティでコレ置いて、フェードで曲つなげてれば
それなりに使えたりするんかね。CDJの方が全然有用ですけどねー。
[PR]
by tanglewire | 2005-08-18 14:59 | music
常に音楽と共にあろうとする人々へ
ワーイ、予約していたiPod shuffleが無事に入荷しましたよ。早速受け取りに行ってきました。
町田ヨドバシカメラなんだけど、店頭には並んでなかったように見えたなぁ。まだ品薄は続いてるんですね。

箱のデザインや本体のサイズには(事前にネットで情報を仕入れていたこともあって)驚かなかったんですけど、やはり手に取ってみるとその軽さにびっくり。こんなに小さくてこんな軽いものが、本当に音楽を再生できるのかと疑問にすら思います。
でももちろん、設定を終えてイヤホンを繋ぐと音楽がちゃんと流れます。それだけで少し感動。また、サッとポケットにつっこんで出かけられるので、音楽の携帯性が他のポータブルオーディオと一段階違いますね。荷物に全然関係なく持っていられるので、いつだってどこへだって持っていける。これは新しい感覚だなー。
ボタン周りの操作感覚も問題なし。裏のスライドスイッチは多少操作しにくいですね。ただ、これは使っているうちに堅さが取れて操作しやすくなるようです。USB端子にかぶせるキャップがすぐとれちゃうんじゃないかと心配していたんですけど、どうやら金属製のボールを使ってきっちりと固定できる仕組みになっていて、そう簡単にはへたらない様子。キャップをなくしてしまう心配はなさそうです。

まだ今日使い始めたばっかりだけど、もうコイツ無しの生活は考えられない感じです。いや、大袈裟じゃないよ!
「音楽が常に自分と共にある感覚」──少なくとも僕は、iPod shuffle以外でこの感覚を味わわせてくれるモノを知りません。
[PR]
by tanglewire | 2005-01-31 16:36 | music
ワン・ツー・スリー・フィニッシュ
Yahoo! ニュースより。
「iPod Shuffle」、発売2日間でランキング2位に登場

ほぉぉ、予想はしたけどここまで売れるとは。2日で2位って凄いなぁ、と思ったらそれどころではなく、1位がiPod miniで3位がiPod shuffle 1GBでした。独占だな!

どうも品薄状態が続いてるみたいですねー。僕もヨドバシに予約しに行った時に、「入荷しても予約者全員に行き渡るかわからない」と言われました。それ予約の意味あるのかよう。
やっぱり、手軽さとおしゃれさが受けている様子。液晶がないっていうのは、僕は実は一般の消費者にはマイナスだと思っていたんですが、そんなことお構いなしにバカスカ売れていますね。
さて、僕は月末には手に入れられるのかな。
[PR]
by tanglewire | 2005-01-21 13:40 | music
あなただけの専属DJが、ポケットの中に
僕は生粋のMacユーザーなんですが、今やWinユーザーでも多くのひとが持っている「iPod」を持っていません。音楽大好きなのにね。
持っていない理由のひとつが、「高すぎる」というもの。あれってHDだから、どうしても高くなるんですよね。そのかわり容量が大きいんだけど(20Gか40G)、正直そんなに大容量でなくても構わないなという感じ。確かに家のライブラリは90Gくらいになってるんだけども……その中で頻繁に聴くものといったら3Gぶんくらいじゃないかな。
じゃあ「iPod mini」が丁度いいんじゃないか? という話。たしかに容量は丁度いいんだけど(4G)今度はルックスが気にくわない。なんだあのパールカラーは。色みのチョイスも中途半端。値段もまだちょっと不満。ということでスルーしてました。

が、ここにきて新しいiPodのラインナップが登場しました。b0008658_16181464.gif
「iPod shuffle」という名前の新しいiPodは、今までのモデルと違ってフラッシュメモリを搭載してます。ということは音飛びゼロ。うちはFireWireにHDDを繋げてそこから起動しているので(内蔵HDD壊れた)普通のiPodは繋げませんが、こいつはUSB接続だから繋げることができる。しかも小さい、軽い。2モデルあるんだけど、どちらも相場からみてかなり安い(512KB11000円、1GB約17000円)。こりゃあ買っちゃおうかなぁ、と思わせるには十分すぎる好条件です。
中でもうまいなぁと思ったのが、名前にも冠されている「shuffle」。写真を見ていただけるとおわかりのように、こいつには液晶がついていません。じゃあ演奏曲を選ぶ時なんかに不便なんじゃないの? という疑問に対して、アップルの「その必要ないんじゃね?」という回答。つまり、お気に入りの曲だけガサッと突っ込んで、そいつをアトランダムな順序で聴いてみることで、聴き慣れた曲にも新しい発見があるんじゃないか。そういう提案ですね。家に帰ったらMacにスコッと差し込む、そうすると自動的にiTunesが新しい曲と入れ替えてくれる。これによって新鮮さを保つ。もちろんこれは押し付けではないので、特定のプレイリストのみを突っ込んで曲順通りに聴く、といういつもの使い方もアリ。なんつーか、欠点を長所にしてしまったのが凄い。さすがだなーという感じです。
試しにiTunesで、好きな曲だけ選んで作ったプレイリストをシャッフルでかけてみました。うん、こういう楽しみ方もアリだな。音楽をだらだら垂れ流しにしておく、という贅沢が、一番効果的に味わえるのはこういう楽しみ方なんだろうね。

唯一の(個人的)問題は、つい最近PSPを「MP3プレイヤーとしても使える」という理由で購入してしまったことなんですが……ほ、ほら、iPod shuffleならフツーのフラッシュメモリとしても使えるし、ね。買ってもいいよね。

※正確には、今までのラインナップでもUSB接続は可能。でもなんか、利点を生かしきれていない感じでちょっとアレだ。
[PR]
by tanglewire | 2005-01-14 16:32 | music
O-TO-GA-MEナシで、抱きしめて
先日、僕はハウスが好きだーっと熱っぽく語ったワケですけども。最近は友人の影響で、ごく一部ですが邦楽も聴きます。
んで、僕が好きな数少ない邦楽のバンド、バンプオブチキンが新アルバムを出したとのことで、某バロ氏に借りて聴きました。バンプは好きだけど、アルバム買うまではいかないんだな。

彼らの歌は歌詞が良いものが多いです。独特の語り口で、切ないテーマを歌い上げる名曲が何曲もありますが、今回のアルバム「ユグドラシル」にも、そんな曲が何曲か。
特に歌詞が良いなぁと思ったのはM-8「車輪の歌」ですねぇー。遠くへ行っちゃう女の子を自転車の二人乗りで駅まで送る、情景がありありと頭に浮かぶ良い曲です。内容を文字にしちゃうと青春って感じでムズガユくなっちゃいますが、似たような経験をしたことがある僕にとっては結構ストレートにキます。
メロディーラインが良いなーと思ったのはM-4「ギルド」。ギターの音が非常にクリアで、FLAME VAINの頃と比べると格段にうまくなったなーと……うまくなったのが演奏なのかミックスダウンなのかはわかりませんが。この曲、歌詞も良くてポイント高いです。
先行シングルでもあるM-2「オンリー ロンリー グローリー」M-6「sailing day」M-9「スノースマイル」M-13「ロストマン」のクオリティはやっぱり高いです。やっぱり切ない系のスノースマイルは好きだなぁ。くだらない歌も好きだし……このあたりに弱いのかもしれん。ロストマンは練りに練られた感じがして、聴いていて(良い意味で)おなかいっぱいになれる曲。

恒例の頭オカシイ隠しトラック、今回もありますよー。今回はラジオ風のトークと80年代アイドルみたいな曲。題名は「O-TO-GA-MEはーと」。バカだこいつら。
しかしそっか、ジョーイは解散したのか……残念。

個人的な感想としては、待たせただけあって、きっちり仕上げてきたなぁという感じです。技術的な進歩も見えて、また彼らの先が楽しみになった。
しかし、「ユグドラシル」ってのはドーヨ。普通のひとわかんない単語だよなぁー。オタクカミングアウト。
[PR]
by tanglewire | 2004-09-09 18:41 | music
クラブ・ミュージックは地下で育つ
あんまり親しくないひとと話す時は、まず最初に趣味の話題なんかが出ることが多いです。お互い相手の素性があんまりわかんないものだから、どうにかして話のとっかかりを得ようとするんでしょうね。
僕は逆に、親しい身の回りのひとに、たまに「あんまり親しくないひとに趣味は何かって聞かれたらなんて答える?」と聞いたりします。これが結構面白くて、僕は彼あるいは彼女のことをよく知っていて趣味も把握しているのに、本人は別のことについて話したりするのね。趣味が美術館巡り? お前ゲーセン巡りの方が好きじゃねーか、みたいな。
あれは何だろうね……ちょっとひとには言いづらいのかね、本当に熱中してやっていることって。あるいはそのひとがゲーセン巡りに引け目を感じていたり?

↑の例はあくまで例です、念のため。本当にこういう友人がいるわけじゃないよ。

さてと。
僕が趣味は何かって聞かれたら、こう答えるでしょう。パソコン(Macintosh)、ネットゲーム(FFXI)、コーヒーと読書、それから音楽。完全なインドア派ってやつです。ダーツはまだ趣味と呼べる程じゃないや。
中でも音楽は中毒に近く、ちょっと前までは家に帰ると何より先にまずオーディオの電源を入れていたくらい。最近は手持ちのCDも全部HDDに入れちゃったから、家に帰ってまずつけるのはパソコンになったけど、真っ先に音楽を聴くという姿勢は一緒です。一日で音楽聴いていないのは入浴中・睡眠中・移動中だけ……ポータブルMDが壊れちゃってから移動中に音楽聴けなくなって寂しい。

僕が普段聴いてるのは、主にクラブ・ミュージックと呼ばれる部類に属する音楽です。これがさぁ、ちょっと聞いてくれよ!
僕が中学くらいの頃、僕には「こういう音楽を聴きたい」という明確なビジョンがあったわけです。それは皆が楽しそうに聞いているジャパニーズ・ポップスでもなく、パンク・ロックでもメロ・コアでもなく(うちの中学ではかなり流行っていた)、四つ打ちのキックが入ったダンス・ミュージックでした。でも、周囲のひとは誰もそんなの聞いてないし、親だってそんなの知らないから、情報源が全くない。苦し紛れにラジオをつけてみても、流れてくるのはポップスばかり。
で、僕も実際にそういうダンス・ミュージックを聴いたことがあって聴きたがってたわけじゃないから、ひょっとしてそういう音楽はこの世に存在しないのかなぁ、なんて思ってました。今になると笑い話だけど、当時はマジメに「じゃあ僕が作らないと」って思ったりもした。
そんな中で、親の持っていたレコードやCDの中から少しでもフィールするものを拾って聴いていたわけだけど(マイケル・ジャクソンとか割と好きでした)、だんだんとCD屋にもダンス・ミュージックが置かれるようになって。今みたいにネットに情報が転がってるわけでもないので、もう手当たり次第ジャケ買いですよ。
嗜好はまずテクノ方面へ流れ、次にユーロ・ビートやディスコサウンドをかじり、海外のトランスのコンピレーションを漁っては一喜一憂し……とやっていた頃。「ハウス」と呼ばれる音楽のジャンルの存在を知りました。
そしてそして、こういった音楽はどうやらクラブってとこで開拓されてきたらしい、ということを知り、漠然とした憧れというか、興味を抱くことになります。さすがに中学生じゃクラブへ行こうという気すら起きず、ただ憧れるだけでしたが……それでもそういった世界が確実に存在する、自分と同じような音楽的嗜好を持ったひとたちがいるんだとわかった時はホンット嬉しかったです。

そういったいきさつもあり、僕はハウス・ミュージックに特別な思い入れを抱いているわけですよ。その後クラブに入り浸ったり、安く売っていたターンテーブルを購入したりして今に至ります。クラブ・ミュージックは今はもうメイン・カルチャーと言っても過言ではないくらいですが、それは地下でずっとこの音楽を暖めてきた先達の努力あってこそ。僕は常に新しい分野を切り開いてゆくひとたちを尊敬してやみません。音楽然り、デザイン然り。

ごめん何言いたかったかわかんなくなってきたーアハハー。
最近はもうクラブに行く時間もあんましないので(FFやってるからだ)流行りとかわかんないんですが、僕は流行り廃り関係なくディープハウス系が好きです。最近ろくにレコード屋も行けないから、そこらへん詳しいひとが友達に欲しいなぁ。情報教えてもらいたい。

友達作るには、まず「趣味は何ですか?」って聞かないとね。
[PR]
by tanglewire | 2004-08-24 20:01 | music


 
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
以前の記事
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
more...
タグ
カテゴリ
pick-up today
online game
offline game
portable game
computer
music
movie and video
book and comic
toy
tanglewire legacy
continually revised
etc.
最新のトラックバック
【若気の】itariNi..
from 超音速備忘録
ゲーマータグとは?
from うすねこむ(*゚ー゚) -住..
最近のPSU
from 良品手帳
青くなっていた。
from ウスネコム(*゚ー゚) 住人..
模様替え
from ウスネコム(*゚ー゚) 住人..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧