Tanglewire
| Top |
すべてがペンを中心に
とある事情で僕の手を離れていたニンテンドーDSが戻ってきました。
かわりにお財布が少し軽くなったよ? あれあれ?
今回は白にしました。前回ネイビーと最後まで悩んだ色だし、これも何かのきっかけかとね。

DSはしばらく買うのガマンしてたから、やりたいソフトが多くて困っちゃうなー。
一気に買うと即破産なので、地道にちまちまやっていきます。まずはコレ。
b0008658_11211453.jpg
「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」は、ほうぼうで面白いと言われているので
とりあえずハズシはなさそーだ、と思って安心して購入しました。んでやっぱり面白かった。
というかコレ、DSに対して偏見を持っている自称ゲーマーにこそプレイして欲しいな!

つまりね、今までDSでこういうアクションRPGが出たりすると
十字キー+ボタンで操作していたものを、無理矢理タッチペンで動かすようにしてたから
「タッチペンいらねえよおお俺はボタン操作したいんだあ!」って思うようなデキでしたが、
これはちゃんとタッチペンで操作するという前提で設計されてるから、
タッチペンでないとこの操作感は出ないな! というくらいにやっててキモチイイわけです。

ひとつ具体的な例を出すと、じゃあリンクが歩いてて敵に遭遇した時にですな。
普通のゲームなら、十字キーで敵のそばまで歩いていってボタンで剣を振り、倒すと。
今までのDSゲームだと、タッチペンで敵のそばまでズルズル移動して、タッチで倒す。
ところが今回のゼルダは、ただ敵をタッチすればリンクが一瞬でそこにすっとんでいって
バシ! と敵を叩いてくれます。これはキモチイイよ。画面上の敵を次々タッチするだけ。
誰かが言っていたけど、緩衝材をプチプチ潰すのに似た気持ちよさがあるよね。

これに付随して、今回は盾が飛び道具だけじゃなくて体当たりも防げるようになってます。
タッチ操作だと攻撃と移動を同時にできないから、その対策だと思うんだけど
こんな風に細かい所まで気配りが行き届いていて、全くストレスなくタッチペンで遊べる。
さすが任天堂、と思えるデキになってます。

お得意の謎解きも(今回ぬるめな気がするけど)たっぷりと収録。
タッチペンと、時にはマイクも駆使して様々な仕掛けをガシガシ解いていくのは快感。
そして、やった人にはわかると思うんだけど、「海図にしるしをうつす」のところ!
相当びっくりした。まさかとは思ったけど、こんなとこまで使わせちゃうのかと……
これはやってみてのお楽しみ。

ゼルダは昔から、「こんな謎が解けた俺Sugeeeee!」とプレイヤーに思わせるのが上手で
その「俺スゴイ感」がまさに楽しみのポイントだと思うんですが、今回も存分に味わえます。
カタルシスと言ってもいいかもしれない。DS持っている人はやって損しないですよ。
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
発売元:任天堂 開発:任天堂 プラットフォーム:ニンテンドーDS
2007年6月23日発売 4,800円(税込)

[PR]
by tanglewire | 2007-08-13 11:53 | portable game
<< きょうの「スマブラ拳!!」:0... いちいちキビキビ >>


 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
以前の記事
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
more...
タグ
カテゴリ
pick-up today
online game
offline game
portable game
computer
music
movie and video
book and comic
toy
tanglewire legacy
continually revised
etc.
最新のトラックバック
【若気の】itariNi..
from 超音速備忘録
ゲーマータグとは?
from うすねこむ(*゚ー゚) -住..
最近のPSU
from 良品手帳
青くなっていた。
from ウスネコム(*゚ー゚) 住人..
模様替え
from ウスネコム(*゚ー゚) 住人..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧