Tanglewire
| Top |
キャラゲーはどこまで頑張れるか
ぜーんぜんノーマークだったゲームを買っちゃいました。
JUMP SUPER STARS」。

b0008658_1462762.jpgノーマークだった理由は、多分言わなくてもわかると思いますが
「キャラゲーに当たり無し」と昔から言われているように
こういったゲームが面白かったためしがないということ。
それから、ハードがDSなんですけど
どうも無理矢理タッチパネルの要素を組み込んだゲームに見えて
仕方なかったためです。
いわゆる「目的と手段が逆転してる」ゲーム、DSに多いよね。
タッチパネルがあるから使わなきゃ! みたいな。

じゃあ、そんだけ警戒してたものをなんで買っちゃったのかというと。
駄目ゲームだと頭から決めてかかっていたので情報を全く集めていなかったんですが、
ネットでたまたま見たレビューによると、飽きが早いもののかなりの良ゲーだという話で。
ほほぅと思って関連サイトを巡ってみると、何だかスマブラと似ているという話じゃないですか。
え、これってキャラクター操作できるの? デッキ組んだら自動戦闘じゃないのか。
というあたりからグイグイ興味が出てきて、気付いたらレジの前に立ってました。
お財布が……クッ。

というワケで、今回は
「JSSをキャラゲーだからという理由でスルーしているひとのためのレビュー」
を書きますよ。レッツクリック。



これってどんなゲームなのか?

簡単に言っちゃうと、対戦アクション+カードゲーム的要素、という感じですかねー。
マンガのコマを集めて、それを組み合わせて自分なりのデッキを組む、というあたり
M:tG系カードゲーム的。組み合わせでオリジナリティが出せるってワケです。

コマを配置するのは5×4マスのフィールドで、コマごとに何マス占有するかが決まってます。

4〜7マス占有 : バトルコマ(プレイヤーが実際に操作するキャラクター)
2〜3マス占有 : サポートコマ(タッチすると一瞬だけキャラクターが出てきて助けてくれる)
1マス占有 : ヘルプコマ(タッチもしくは配置することによって何らかの補助効果)

という具合に、コマの大きさで担う役割が変わってくる。
また「このコマとこのコマが隣接すると特殊効果!」みたいな、パズル的要素もあります。
つまり配置する位置も大事になってくる、ということ。

これがどういう具合に影響してくるかというとですな。
例えば……バトルコマをひとつしか入れなかった場合、そのキャラクターがKOされたら
負けだけれど、その代わりにヘルプコマやサポートコマをごてごてくっつけて
そのキャラクターを強化できる。
逆にバトルコマを3つとか入れると、一体の強さは普通だけど
KOされそうになったらそのキャラクターをひっこめて、体力満タンの別キャラクター
戦いを続けられるって感じですかね。一例としてね。
KOFだっけ? こんなシステムありましたよねー。レシオだか何だかって言ったような。
戦法に個性が出せるのはいいことだ。

アクション部分はどうよ?

スマブラに似てるっていう話がありましたが、わかるようなわからんようなって感じですね。
スマブラのデフォルトモードと違ってKOの概念はありますが、
リングアウトが大事なとことかコイン拾ってポイント稼ぐとこは似てるかな。
コンテナがあって、それ壊すと色んなアイテムが出てくるところも。
ただ、アクションとしては似てないです。
でも、爽快感がある! 連続技を全部相手に決めた時の快感はかなりのもの。
アクションゲームといえばコレだよなー、という感じがあります。

キャラクターはどうよ?

はっきり言って、元ネタ知っててなんぼ、というところはあるよねーやっぱり。
でもジャンプ黄金期から現在までの主要マンガはかなりフォローしてるから、
ジャンプ読むひとならまず楽しめるんじゃないかしら。
古くはDr.スランプあたりから、新しいのは現在連載中のものまで。
自分の好きなキャラクターを使っていかに勝つか考えるのも楽しいですよ。

出てくる作品一覧はこちら
やはりバトルマンガ多し。

ドット絵はぐにぐに良く動きます。マンガに出てきたアクションを自分でできるのは楽しいね。
ゴムゴムのガトリングが気持ち良過ぎる。

総評

僕は、仕事からの帰り道に「4000円台だったら買うかなあ……」と思いながら店に寄ったら
4300円だったので買いました。
でも後で調べたら、これ定価から既に4800円なのね。安いなぁ。
4800円の価値はあると思います。PS2の微妙ゲーを6800円で買うよりずっといい。
ただし、上記リンク先の作品群の中に、自分が熱心に読んでいる(あるいは読んだ)ものが
4〜5コくらいは入っていないと、十分に楽しめないかもしれないなぁ。

単純にアクションゲームとして見た場合、
爽快感はあるものの、ごり押しで進める部分も少なくないので
やり込み要素は少なく感じます。コンボ開発とかも、格闘ゲームと比べると全然少ない。
底は浅そう。

デッキアセンブリゲームとして見た場合も、
それメインのカードゲームと比較したらやっぱり浅い。
コマの数はまあまああるみたいだけど、割とコスい戦い方をするデッキが最強なようだし
だいたいデッキがあったとしても最終的にはアクションだからねぇ。
ここを売りにするのはちょっと弱いです。非常に惜しい感じ、「あと一歩」感はあるんだが。

ただ、瞬発力はすごくありますね。
実際、例えばスタープラチナのオラオラで敵をボコボコにしてるだけで爽快だし
まっとうなアクションゲームの気持ち良さが存分に味わえるという意味では、今や貴重かも。
そこに自分が好きなキャラクターが入っていたら、それだけでやってて楽しいです。

小学生が、皆で持ちよって好みのキャラクターでわいわい対戦する、
そういう遊び方がすごく楽しそうなゲーム。悪い意味じゃなくてね。
神ゲーというほどでもないけど、良ゲー。僕的にはそんな結論ですかなー。
[PR]
by tanglewire | 2005-08-31 14:57 | portable game
<< ゴロゴロだらだら 引っ越しとか住環境の話 >>


 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
以前の記事
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
more...
タグ
カテゴリ
pick-up today
online game
offline game
portable game
computer
music
movie and video
book and comic
toy
tanglewire legacy
continually revised
etc.
最新のトラックバック
【若気の】itariNi..
from 超音速備忘録
ゲーマータグとは?
from うすねこむ(*゚ー゚) -住..
最近のPSU
from 良品手帳
青くなっていた。
from ウスネコム(*゚ー゚) 住人..
模様替え
from ウスネコム(*゚ー゚) 住人..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧